2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

9月、10月札幌出張鍼灸

9月、10月の札幌出張鍼灸は下記の日程になりました。7、8月はお休みして申し訳ありませんでした。
ご希望の方はお早めにご予約をお願い申し上げます。

◆日時(月1回)
9月2
日(金)午後3時~完全予約制
10月8日(土)午後1時~完全予約制

◆場所 札幌市内、後日連絡します。
◆治療時間 お一人づつ約60分(問診含む)
◆料金 お一人様3.500円(初検料1.000円サービス)

ご予約、ご質問、お問い合わせは、お電話、メールにてご連絡下さい。

赤江橋鍼灸院 あかえばししんきゅういん
電話 0157-61-6002
hp http://www.geocities.jp/dgnds710/index.html 

2011年8月28日 (日)

なずな百姓塾8月

今年3回目の百姓塾に8月早めのお休みをいただいて参加してきました。
2月、5月百姓塾でおおよその雰囲気はつかめたと思いますので、最終回(3回で卒業)の今回はピックアップ編で参ります。

この度は雨の日が多く太陽さんが陰っていたので、北海道人にも耐えられるほどの気候。としても汗腺は全開、湿気と共にこんなに全身しっとりしたのは初めてのこと。暑い国の方は本当に辛抱強い、尊敬します。

なずなの堆肥

今年2月に作った堆肥はこのような形になっていました。匂いは不熟部分だけで、その他は乾燥体制に入っています。これが赤峰勝人さんの循環農法の源となる黄金の堆肥。堆肥の内容や作り方は惜しげもなく教えてくれます。
Cimg1535

茄子の剪定とお弟子さん

巨大、なずなの茄子は”木”と化していて、間伐した山の樹木のように足元や隣同士がすいていて太陽の光を存分に浴びながら暮らしています。大切な身を実らすために葉、花を計算しながら切っていきます。
お弟子さんたちは既にマスター済み。若くして逞しい方々です。
Cimg1538
Cimg1563

豆まき

小豆、その他名前はわかりませんが豆を蒔きました。皆で農作業するとあっというまの出来事。振り返って、惚れ惚れします。
Cimg1539

赤峰勝人さんの農機具披露会

沿道の暑い声援にこたえながら、ピカピカの新車に乗ってジャジャーン赤峰さん登場。
満面の笑みは、子供が新しいおもちゃを手にしたようなワクワク感にあふれています。

Cimg1540

レンコン・蓮畑

中田お弟子さんの畑を拝見。綺麗な葉と花に見とれてしまいました。花は朝一、ポンという音と共に咲くと参加者の弁。中田さんによると、まだ聞いたことがないそう。
Cimg1533
Cimg1532 

感動の大宴会

恒例最終日の大宴会は勿論、大盛況。
お弟子さんのコントは頭をスイカ柄に刈り上げた方が一名。
魂のエイヤーは何度見ても、思い出しても感動のシーンが続く。泣ける泣ける。
赤峰さんのハモニカと昔なつかしの名歌は素晴らしいのと可笑しいのが入り混じり、なんと言ったら良いのかおしえて下さい。
続く一本締め、激しいハグ合戦。もう底が抜けたような熱気に我を忘れてしまいました。取り戻すのに少々時間を要します。こういう事ってあるんですね。

Cimg1556

なずなの環

なずな百姓塾3回連続の参加者8名はこれで卒業ということになりました。初回から続けてお会いしていると、なんだか親戚みたいに和んでしまいます。そういう訳で日本各地から参加した皆様との縁、なずなの縁は繋がりました。
同じ志をもち、生きること、食べること、農業のことを真剣に考えながら赤峰さんの循環農法を広げていきましょう。
皆様お疲れ様でした。あっ、もしかして次なる上級者コースに申込みしてますか。

なずなの奇跡

昨年偶然にも赤峰勝人さんの著作「ニンジンの奇跡」に会い、内容があまりにも世間とは逆説なので驚き疑ってしまいました。試しに自然ミネラル塩を食べてみて、本当に体が変わったことから、この目で赤峰さんとなずなの畑を拝見したくて冬の2月に参加してみることに。
それからは連続して5月、8月となずなの皆様の温かさに甘えながらお邪魔してしまいました。毎回なにか言葉にはなりませんが、心に響く大切なものを頂戴しながら~。

なずなの皆様にはいろいろとお世話になりありがとうございました。感謝感激申し上げます。

赤峰勝人講演会 平成23年9月3日(土)札幌コンベンションセンター開催

9月3日(土)には北海道札幌市にて赤峰勝人さんの講演会が行われます。沢山のなずなファンが集まり、循環農法の環が広がりますように。日本一のお百姓塾さん赤峰勝人さんからの大切な”いのち”のメッセージを聞きに参りましょう。
詳細は下記、なずな北海道をご覧下さい。http://nazuna.press328.com/index.html

2011年8月24日 (水)

オルゴン療法/大分

オルゴン療法とは四国在中の刃物職人、越野稔氏が開発した特殊な金属製のリングである。これをどのように使用するのか。人体がどのように変化するのか知りたくて、大分県のオルゴン治療家Iさん宅を訪ねました。O1cimg1574   Cimg1585
O3cimg1583
最初に言いますが、オルゴン療法にはすさまじい痛みが伴う。その手法はリングで手足の抹消を中心に全身を摩擦刺激する。強く摩擦する。大の大人が身をよじり人生最大の痛みを絶叫するのが普通らしい。
何故それ程までしてと思うところですが、痛みは施術の際のみ発生し、当然ながら身体に装着するものには痛みは無い。長い間滞った老廃物を排出する行為だけに痛みが伴うという、それだけである。
手術や投薬以外のアプローチで慢性病や難治性の病に効果ありというのは珍しい療法でしょう。もちろん健康体の方も好んで取り入れているようです。

オルゴンリングには、施術用のリングと日常的に身体に装着するものの2種類。どちらも内容は企業秘密らしい重さがある。
興味深々という方は、「オルゴン療法に目覚めた医師たち」を読まれることをおすすめします。

オルゴン療法に目覚めた医師たち  
~医者の命を救った~、西洋医学の限界を破った~
太陽出版
監著 上野紘郁、共著 小松健治、新野めぐみ、越野稔
定価 1.575円

なずなの塩場

なずなの塩が作られている大分県佐伯市米水津間越(はざこ)へ三人でドライブしながらお邪魔してきました。
なずなのお店から迷わなければ車で1時間半位。道がクネクネしていて女性だけでは行き着きません。素敵な男性を誘い連れて行ってもらいましょう。


数ある自然海塩の中でもなずなの塩は昔ながらの丁寧な手法で、間越の海を凝縮したミネラル豊富な手造りの塩。
じっくりと薪で炊き上げ杉樽熟成させた釜炊塩と、皿に入れた海水を太陽のエネルギーだけで結晶させた天日塩は、それぞれに別の仕上がりになっていますが、両者共美しい結晶姿をしています。これだけの作業と作り手の情熱を加算するとなずなの塩は安い。今後は心していただきます。
塩場職人様にはお忙しい時にあちこち案内していただきましてありがとうございました。

Kama1cimg1531
Siocimg1524
Siodaicimg1526
Tarucimg1521


ランチは敷地内の「ひょっとこ」を予約してもらい、少し奮発して2.000円お魚づくしコースを注文。季節のお魚、地元の貝類を美味しくいただきました。久しぶりに良質蛋白質を摂取し、九州の旅の始まりに早くも満腹満足いたしました。ご馳走様でした。

塩場の裏山は手付かずの森林、前側は眺め抜群の癒しの海となっています。よせてはひく波音が心地よくてすっかり長居してしまいました。ここでゆっくり本を読みながら、うとうとしたい気分がつのります。Cimg1529 

塩場見学、ランチひょっとこもあらかじめ要予約です。

なずなの塩
http://www.pref.oita.jp/10400/viento/vol09/tokusyu/tokusyu-01.htm

2011年8月18日 (木)

お疲れ様さよなら原発のお礼

先日は、ご苦労様さよなら原発の呼びかけに、沢山の方々からご協力を頂戴しました。
残念ながら17日付け調整運転から営業運転再開を容認されてしまいましたが、今この時期にどうして急ぐのか。疑問が疑問をよび、九州原発のように何か起こるかもしれませんね。今後も見逃せない状況にあります。

無関心~少し関心有り~そして本気で考えるという気持ちになったら共に行動しましょう。

北海道の泊原発に関し、道外からも賛同、ご協力をいただきましてありがとうございます。Cimg1586

2011年8月13日 (土)

お疲れ様ありがとう原発

北海道の泊原発再稼動に反対の方にご協力をお願いします。チェーンメールではありません。

先日、なずなの会(大分県)でご一緒したSさんに会い、九州原発再稼動を阻止した一人であると知り胸が熱くなりました。

Sさんは無農薬無化学肥料農法のお百姓さんです。お孫さん4人、これからの子供たちのため、九州電力前にテントをたてて活動されたそうです。

そのかいあってか幸運か九州は止められました。次に狙われているのは全国に多数ある原発の中で、今まさに北海道の泊です。

北海道は公害災害が少なく、道民の気質はおっとりしていますから、このまま仮に泊が再稼動したら、全国の原発も大丈夫と火がついてしまいます。
北海道泊、そして全国の原発のため、Sさんは数日中に北海道入りする予定です。

賛同される方は下記の4町村にアプローチしましょう。
皆様のお知り合いにこの情報をお伝えいただけたら幸いです。道外の方も参加お願いします。

「電気」は足りてる、足りないのは「愛」

------------------------------------------------
泊原発再稼働に関して、北海道知事「周辺町村と話し合って数日中に決める」とのこと。周辺4町村にメール、FAX、電話などを多数お願いいたします。

岩内(いわない)町 町長 上岡雄司 役場 0135-62-1011 FAX 0135-62-3465 意見箱 http://www.town.iwanai.hokkaido.jp/mail.shtml 議会への意見・問い合わせ http://www.town.iwanai.hokkaido.jp/wordpress_1/?page_id=9242 役場メールアドレス iw014028@siren.ocn.ne.jp

神恵内(かもえない)村 村長 高橋昌幸 役場 0135-76-5011 町の意見箱 http://www.vill.kamoenai.hokkaido.jp/mail/index.html 村長への直接メール c-kamoenai@vill.kamoenai.hokkaido.jp

共和(きょうわ)町 町長 山本栄二 役場0135-73-2011                              

泊(とまり)村 村長 牧野浩臣 役場 0135-75-2021 役場企画振興課 0135-73-2877

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »