2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 山口二郎氏講演会 | トップページ | 冬至クリスマス »

2011年12月16日 (金)

平成23年手づくり総まとめ

今年の手づくり品の総まとめ

●草履
これは私のお手製ではありませんが、足が指が温かくなる優れものです。足の冷えている方におすすめの一品。
小さい子が履くと、こんな風に「もちょもちょ」になります。Dsc08238

●オホーツクの海水で塩作り
んー残念、あかえばししんきゅういんのストーブでは鍋の底にちり?くらいしか発生しませんでした。暖炉のあるお宅にお邪魔すると、3日間程沸騰させてから、分離して、、、作れるそうです。暖炉がある、そういう家に住めたら、再チャレンジしましょう。いつのことか~。
海水を運んでくれた山ちゃんありがとう。容器は使っています。

●理想の梅干
その名の通り、今年の梅干は梅酢が少なく既に干せた状態になっています。これを3年、5年保存し効能をアップさせます。毎年漬ければ、在庫充分だ。日本人は米、塩、味噌、梅干があれば安心。進さん来年もよろしくお願いします。

●びわ茶
あれ、特にブログに載せていなかったかも。今年から新登場、びわの葉のお茶。九州から送ってもらった上質のびわの葉を細かくして乾燥させる。軽く煎じるときれいな琥珀色と香りのよいお茶に仕上がります。飲みやすいと評判です。
お茶のほか、35度の焼酎漬けると切り傷、火傷他の薬となり、温湿布、痛み止めなど幅広い用途に使えます。一家の常備品となりました。seikoさんありがとう。

●味噌
はりきって自家製豆、なずなの塩で30kg仕込みました。今年もなかなか濃い味で美味しい味噌になりました。発酵ものは時間が大事。忘れるくらい待つ、待つを繰り返す。

手づくりもの、今年はブログでお知らせできるのはここまでとなります。
食べることは生きること。時間と気持ちさえあれば、たいていのものは手づくり可能なのではないでしょうか。なんと言っても作る過程が面白いし、美味しくなるのは必須ですから。
こんな感じで珍しいものを知るとついつい私もと思ってしまいます。
あっ勿論、仕事の合間にですから、ご安心を。

« 山口二郎氏講演会 | トップページ | 冬至クリスマス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378776/43399024

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年手づくり総まとめ:

« 山口二郎氏講演会 | トップページ | 冬至クリスマス »