2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月26日 (水)

星野道夫展-遥かなる旅-

北網圏北見文化センターにて2012/12/22~2013/2/11まで
星野道夫展、遥かなる旅が開催されています。
100点の写真展、プラネタリウム オーロラストーリー、映画 地球交響曲ガイヤシンフォニー第三番、星野道夫に捧ぐ青空コンサート、と壮大な企画が長期間、この北見で見られるなんて。ファンではなかったという皆さんも一回はご覧下さい。命がけで自然と向き合った星野道夫の仕事、最高に素敵です。

私は先日早速足を運び、写真展、プラネタリウムなど見ていましたら、まさかまさか、あの直子夫人にお会いしてしまいました。
学芸員の方々と輪になってほんの少しのお話ではありましたが、直子夫人を通して故人のやさしく繊細に生きた姿を近くに感じた気がします。

Cimg3150

”この世に生きるすべてのものは、いつか土にかえり、また旅が始まる”

星野道夫展  -遥かなる旅- 

期間 2012/12/22~2013/2/11
開館時間 9:30~16:30
場所 北網圏北見文化センター、北見市公園町一番地、電話0157-23-6700
料金 一般800円

モノクロな冬2012/12

今年は雪が降ったと思えば早くも根雪。
毎日寒くて、12月下旬、朝の気温は-15℃から-20℃と冷えこんでいます。
外はというと、晴天でなければこんな風にモノクロのイメージ。
これでもカラーで撮りましたの。降ったばかりの新雪は真っ白で美しく空気も浄化されているようです。
2012/12/19斜里町来運

Cimg3128

Cimg3129

Cimg3131_2

Cimg3134

Cimg3136

Cimg3145

Cimg3143

2012年12月16日 (日)

蒔きストーブ

蒔きストーブのあるサ・ローマの休日。Securedownload1

家主様のご厚意で、のんびり癒しの終日を過ごさせていただきました。
この時期、蒔きストーブのほっこりとした暖かさに心うるうる和んでしまう。

欲しいなぁー蒔きストーブ。願う願う。。

以前から憧れの着火作業に挑戦。
案外出来るものじゃ。

佐呂間には新鮮な幸を出してくれる居酒屋、焼き肉屋、そば屋、チーズケーキ屋さんなど、あなどれない美味しさが満載。
あっ、もうひとつ、サロマ湖に落ちる夕陽もデートコースに含めてね。

こういうローカル+スロウな体験、クセになりそう。この度は関係者の皆様ありがとうございました。

2012年12月14日 (金)

The Fundoshi(ふんどし)

12月のとある日曜
斜里町峰浜のメーメーベーカリーさんへ行く。

Cimg3125そこには、昔懐かしの日本人のふんどしが
オシャレに販売されていた。
ちょうど作成者がいらして、
詳しく効能、装着の仕方などを伺ってみる。
「ふむふむ江戸時代を思い出したぜぃ」
早速、右の二枚を購入。

右の青いのが女性用、
左のグレーは幅広タイプの男性用。

布は二重ガーゼ、染めは三宅島産の
草木によるもの。とても優しい肌触り。
ひもは綿素材。先は切りっぱなし(※理由あり、下記参照)。
現代にふんどしを愛用している方がおいでなら是非語り合いたいと思ひます。一報下され。

・・・ふんどし説明書より・・・

ふんどしは、しめつけ具合を自分で調節でき、リンパや血液の流れがスムーズになり、血行がよくなったり、免疫力が高まるとも言われています。伝統的で自由な下着です。

※ふんどしの先を切りっぱなしにしているのは、使う人の運の流れを止めてはいけないという粋な言い伝えを元に作ったためです。

そんなこんなしているうちに、
Meアツアツのピザが一番のり。

ピザ/アンチョビ&珈琲をいただきながら
目の前で自家製酵母パンが窯から焼きあがってくるくる。
あぁーいい香り、いい色、可愛い姿。

そして、外は吹雪、いつ帰れるかなぁ。。。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »