2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 美幌峠・屈斜路湖の初冬 | トップページ | 蒔きストーブ »

2012年12月14日 (金)

The Fundoshi(ふんどし)

12月のとある日曜
斜里町峰浜のメーメーベーカリーさんへ行く。

Cimg3125そこには、昔懐かしの日本人のふんどしが
オシャレに販売されていた。
ちょうど作成者がいらして、
詳しく効能、装着の仕方などを伺ってみる。
「ふむふむ江戸時代を思い出したぜぃ」
早速、右の二枚を購入。

右の青いのが女性用、
左のグレーは幅広タイプの男性用。

布は二重ガーゼ、染めは三宅島産の
草木によるもの。とても優しい肌触り。
ひもは綿素材。先は切りっぱなし(※理由あり、下記参照)。
現代にふんどしを愛用している方がおいでなら是非語り合いたいと思ひます。一報下され。

・・・ふんどし説明書より・・・

ふんどしは、しめつけ具合を自分で調節でき、リンパや血液の流れがスムーズになり、血行がよくなったり、免疫力が高まるとも言われています。伝統的で自由な下着です。

※ふんどしの先を切りっぱなしにしているのは、使う人の運の流れを止めてはいけないという粋な言い伝えを元に作ったためです。

そんなこんなしているうちに、
Meアツアツのピザが一番のり。

ピザ/アンチョビ&珈琲をいただきながら
目の前で自家製酵母パンが窯から焼きあがってくるくる。
あぁーいい香り、いい色、可愛い姿。

そして、外は吹雪、いつ帰れるかなぁ。。。

« 美幌峠・屈斜路湖の初冬 | トップページ | 蒔きストーブ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378776/48325207

この記事へのトラックバック一覧です: The Fundoshi(ふんどし):

« 美幌峠・屈斜路湖の初冬 | トップページ | 蒔きストーブ »