2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月25日 (木)

避暑の一日

猛暑続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。先日、涼しさを求めて、北海道東のとある牧場へ。新緑の中に椅子を持ち込んで。癒される~、避暑の一日。こんな日もあって良い。 2013/7

11

12
上ばかり見ていると、足元に糞が。そこからきのこが生えている。

13
ここの従業員たち。仲がよろしいらしい。

15

16

1718
朽ちた者もこの地で役に立つ。自然に無駄なし。

19

20

21
昔、ここにシマリスがいた。

Cimg4054

2013年7月24日 (水)

元気100倍ひまわり

大好きなひまわりの季節。暑くてへとへとになってもひまわりがあれば元気。ユリもゴージャスに咲いています。お花は「綺麗~」と褒めていただくと嬉しいらしい。ご近所さんからのいただきものです。院内が華やいでいます。ありがとうございます。

Cimg4223

Cimg4226

夏の斜里岳2013/7

夏の土用、斜里岳と月のマッチング。肉眼だと、もっと月が鮮明なのですが、このへんでご了承ください。2013/7/22土用

Cimg4214
手前はジャガイモ畑

Cimg4216

2013年7月20日 (土)

赤い宝石

野菜部の今まさに旬は、赤い宝石「ゆすら梅」、「木いちご」。
本日のお客様だけの限定です。お早目に~。

Cimg4207

Cimg4209

2013年7月19日 (金)

龍安寺/京都④

夏の京都、ここだけは是非行きたいと願っていたお寺に行けることになりました。世界文化遺産、龍安寺(りょうあんじ)。いやーホントに嬉しい幸運、ありがとう。

銭型のつくばいに”吾唯足知”(われただたるをしる)とある。
禅の格言を謎解きに図案化せれた無言の悟道である。水戸光圀の寄進といわれている。
私ただこれを見たくて。

Cimg4174
つくばい▼

Cimg4177

Cimg4178
もちろん、石庭は超有名。極端なまでにシンプル化された作庭法は、大きさ、高さ、石の配置に秘密があるらしい。石は15個あるが、14個しか見えない。これいかに。▼

Cimg4183

Cimg4187

Cimg4193
鏡容池。池の水かさを図る石。▼Cimg4200

近くに井上靖(作家)が学生時代からお気に入りという、うどん屋さん「笑福亭」で志っぽくうどんを食す。お出しが利いて美味しい、安い。▼

Cimg4173_2

農家民宿/京都③

お泊りは近くの農家民宿へ。こちらのおかみさんは82歳の愛称「スカートさん」。農家民宿のはしり、12年のベテラン。モデルプランとしてあちこちから見学者が多いとのこと。皆で昔の話を伺いながら、夜が更ける更ける。こういう時間が幸せというもの。

Cimg4132
農家民宿とは、それぞれが自宅を開放し、昔ながらの家屋と生活を見せてくれます。こちらではお風呂は屋内ですが、あの五右衛門風呂。

Cimg4155

夜は蝉の声を聴きながら眠りにつく。
早朝の散歩はミストシャワーをあびながら、日本昔話の舞台を歩いてみた。

Cimg4135

Cimg4147

祖母の家に帰ってきたような、なつかしい気分に浸りながら、こういう生き方もいいなあ~とふと思う。

Cimg4153_2

Cimg4146

若杉友子おばあちゃん食養講座 /京都②

黒焼き玄米茶づくりワークショップ ”カラダを芯から温める陽性なお茶を作る” 担当は斉藤聖也さん

もみつき玄米を3~5時間以上かけて黒焼きにします。陰性の方によろしい。飲んで美味しいと感じる方は飲む。そうでないかた=陰性ではないので常飲しないように。あくまでもご自身の体にききながら~。販売価格80g 950円は全然高くないです。

材料 無農薬玄米3カップ、土鍋、木べら
作り方 土鍋に玄米を入れ「右回転」でひたすら煎ること3~5時間。数人の交代でしましょう。夏はアツくて倒れます。

Cimg4166

Cimg4162

Cimg4164

Cimg4168

若杉友子おばあちゃん食養講座/京都①

「長生きしたけりゃ肉は食べるな」等でブレイク中の若杉友子さん。食事を変えるだけで身体に奇蹟が訪れる。一汁一菜とはどのようなものか。知りたくて真夏の京都、綾部町へ。夏の食養講座と講演会に参加してきました。

Cimg4095

77歳とは思えぬほど、体にキレがあり、お話が面白すぎて漫才のようです。
食養講座中、おばあちゃんの講演は2回ありまして、料理担当の酒井さん、ルーシーさんの壮絶なる体験談も加わり、野草の様に力強く、周りには優しいおばあちゃんのそのままの姿を拝見しました。内容は厳しいものですが、まるで祖母から気遣われているような錯覚を感じます。
写真は撮ってもよいが、ネット上には掲載しないでほしいとの本人意向により残念ながら生おばあちゃんはおアズケ。

ここで最新情報。今年9月には北海道の札幌と帯広で講演会が開催されます。実際におばあちゃんに会うチャンスをお見逃しなく。

●料理教室 担当は酒井貴美子さん(自然農と食養生の庵 墨歌主宰)

メニューは梅酢の散らし寿司、野草のすまし汁、果汁寒天
それぞれ材料の下ごしらえに手間と時間をかけて作ります。本当に時間がかかります。マクロビの桜沢如一さんの厳格な教えが、ここで見られたのはラッキー。

Cimg4109

Cimg4112

Cimg4111_2

Cimg4111

Cimg4111_3

こんにゃくが入ってます。下ごしらえが凄い。①塩すりこむ、②食べる大きさに切る、③高温の油でしばし炒める、④洗う。こんにゃくだけで全工程30分以上かかります。▼

Cimg4119
野草は品揃え豊かです。胡麻和えや汁物に活躍します。▼

Cimg4122
これぞ一汁一菜。なるほどーとうなづけるでしょう。▼

Cimg4125
開催場所の綾部住民センターの周りはこんなにのどかです。雰囲気が良いのかオーブが大量に発生しています。▼

Cimg4124

Cimg4112_3

Cimg4112_2

2013年7月11日 (木)

梅干し

今年は早めに梅を干す。ほんのり表面にカビが発生していたから、1個づつアルコール消毒し、梅酢は煮沸消毒中。
今年のあの猛暑時に開けてみれば良かった。ごめーんよ梅たち。1個たりとも無駄にはしないよ。

Cimg4096

2013年7月 9日 (火)

サロマ湖100kmウルトラマラソン/鍼灸ケア

サロマ湖100kmウルトラマラソン参加者に鍼灸ケアを実施しました。
今回は佐呂間整骨院尾崎院長がサポートされている方々6名。

日時 平成25年6月30日(日)快晴、スタートは100km部門は朝5時、50km部門は朝10時。
鍼灸ケア実施場所はゴール地点の常呂町スポーツセンター、時間は夕方4時頃。
目的と内容 ゴール後の体のケアとして円皮鍼を一人6個貼付。
添付部位 腰から下肢。捻挫の方は外果付近にも添付。
説明注意 当日の入浴前に必ずはがしてもらうよう指導。
参加者の傾向 走行歴5年~10年、10年以上のベテラン揃い。体調、走行計画などは各自管理により徹底され、ケガや不調者は見かけなかった。

感想 
100km、50kmという長距離を走行後とは思えないほど、ゴール地点での皆さんの爽やかさ和やかさに驚く。ランナーの皆さんは常に先の目標を持ち心身共を大事に鍛えているらしい。
オホーツクに25年前から開催されている公式マラソンをまだ知らない方は来年見学してみよう。彼らをアツくサポートしたくなりますよ。尾崎家の皆様、 良い機会をありがとうございました。

サロマ湖100kmウルトラマラソンhttp://saromanblue.jp/

2013年7月 5日 (金)

竹炭まくら

今年はまくらを手作りしたくて、竹炭とそば殻を揃えました。枕の大きさ、竹炭とそば殻の割合を試行錯誤しながら、遂に完成した4品です。多くの方に対応するように、少し低めに設定。お客様用として明日からあかえばししんきゅういんで活躍します。

竹炭の効果は?。あまりに神秘的なので「サクセスアイ」をご覧下さい。竹炭まくらは涼しくて快適です。一度使用すると手放せないでしょう。

●1個につき当院の黄金比率
大きさ 30*45cm
竹炭 500g
そば殻(日本製) 700g

Cimg3850

Cimg4028

Cimg4032

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »