2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

7、ボランティア

2013年11月 2日 (土)

中村哲/ペシャワール会

アフガニスタン、パキスタンで無料支援活動を30年続ける医師 中村哲。なぜ医者が井戸を掘り、大規模な灌漑用水路を自ら建設するのか。そこには、生きる民がいて暮らしがある(あたりまえのことですが)。彼らの故郷を蘇らせたいと願う日本人医師、中村哲氏を支えるために発足したペシャワール会。武骨な九州男児の壮絶なる歴史。

「天、共に在り」 中村哲著 NHK出版 定価1.600円+税

Cimg4606

 

2013年10月 7日 (月)

おこっぺ牛乳の里マラソン大会鍼灸ボランティア実施

晴れ渡る空と秋らしい風の中、予定通りマラソン大会が開催されました。会場の興部小学校は広々とした敷地と緑に囲まれた素晴らしい環境にあります。当会の鍼灸ボランティアのブースもゆったりと併設していただきました。マラソン申込者約400名中、鍼灸ボランティア体験者は約100名。当会としてはマラソン大会での鍼灸ボランティアは初めての試みです。様々な手続き、下準備等をしてきましたので是非、参加者と共に私たちも楽しみたいとのぞみました。お陰様で鍼灸を初めて体験された方も運動前の調整、運動後のケアに喜んでご利用いただいたようです。マラソン参加者、鍼灸ボランティア体験者、大会関係者の皆様お世話になりました。良い機会をありがとうございました。
開催日時 平成25年10月6日(日)8時~
会場 興部小学校
鍼灸ボランティア担当者 オホーツク鍼灸師会 大野、井内、大澤、赤江橋の4名
報告 赤江橋。Cimg4557Cimg4556
Cimg4550
Cimg4551
Cimg4553

Cimg4559
興部からの帰路、道を迷りサロマ湖畔で夕陽を見る。景気づけに紋別出塚水産の揚げたて蒲鉾を食べる。今、一番のご褒美はと聞かれると、「蒲鉾」。

2013年7月 9日 (火)

サロマ湖100kmウルトラマラソン/鍼灸ケア

サロマ湖100kmウルトラマラソン参加者に鍼灸ケアを実施しました。
今回は佐呂間整骨院尾崎院長がサポートされている方々6名。

日時 平成25年6月30日(日)快晴、スタートは100km部門は朝5時、50km部門は朝10時。
鍼灸ケア実施場所はゴール地点の常呂町スポーツセンター、時間は夕方4時頃。
目的と内容 ゴール後の体のケアとして円皮鍼を一人6個貼付。
添付部位 腰から下肢。捻挫の方は外果付近にも添付。
説明注意 当日の入浴前に必ずはがしてもらうよう指導。
参加者の傾向 走行歴5年~10年、10年以上のベテラン揃い。体調、走行計画などは各自管理により徹底され、ケガや不調者は見かけなかった。

感想 
100km、50kmという長距離を走行後とは思えないほど、ゴール地点での皆さんの爽やかさ和やかさに驚く。ランナーの皆さんは常に先の目標を持ち心身共を大事に鍛えているらしい。
オホーツクに25年前から開催されている公式マラソンをまだ知らない方は来年見学してみよう。彼らをアツくサポートしたくなりますよ。尾崎家の皆様、 良い機会をありがとうございました。

サロマ湖100kmウルトラマラソンhttp://saromanblue.jp/

2012年7月20日 (金)

東北海道保養プロジェクト

”自然いっぱいの北海道で安心して過ごせる夏休みを!”

あかえばししんきゅういんは東北海道保養プロジェクトに賛同し応援をしていきます。
東北海道に福島県、近県の被災地の方々を受け入れ、支援してくとともに心と体のケアを目指していくプロジェクト。
主催者は福島県から二児とともに網走に移住されている大竹枝利さん。
ボランティアとして又は何かしらの協力ができる方は共に致しましょう。

まずは、夏休み企画8/12~8/25。

現在の具体的な支援として募金とリネン類が不足しているそうです。お宅でご利用になっていないシーツ、バスタオル等ありましたらご寄附お願いします。あかえばししんきゅういんでも承ります。

東北海道保養プロジェクトのブログ
http://ameblo.jp/doutouhoyou/entry-11293430460.html

2011年9月 7日 (水)

蚊帳(かや)/ミャンマー製

蚊帳(かや)
がんばれ東日本&東南アジア!一人ひとりの生活復興応援プロジェクトから生まれたオリジナル蚊帳

人々に心の平安・自立・調和を伝えつつ、発展途上国への自立人道支援を続けるミャンマー上座部仏教の日本人僧侶、ガユーナ・セアロの国際協力事業の一環。

長年継続してお付き合いのあるミャンマー縫製チーム、孤児院の代表と縫製チームの合作によるものだそうです。日本ではめったにお目にかからない珍しいもの。
用途は蚊帳としては隅に4~10箇所の輪がついているのでそこに紐を通し吊る。赤江橋鍼灸院の一角にアレンジしてみました。(下記参照)
その他の用途は屋内では子供たちの遊び場・基地、部屋の仕切り、ベットカバーなど。
屋外なら日差し防止、ミニテントなどにいかがでしょうか。
なんとなく興味が沸いた方はご連絡下さいませ。

ガユーナ・セアロ公式サイト http://www.cealoworld.com/

201109061304000

2010年6月11日 (金)

北見老人ホーム

2007年12月から社会福祉法人めぐみ会、北見老人ホームと北寿園に鍼灸ボランテイアとして月1回程伺っています。2009年5月、北見老人ホームのhpに私の活動を載せていただきました。お時間のある方は下記URL(又は左記リンク)から「ボランテイア」を選択してご覧になって下さい。

実はわたくしWeb上(というのかネット上というのかわかりませんが)には初登場でございます。なんとなく遠めにいい感じに写っています。赤江橋鍼灸院でもこんな雰囲気で治療しています。

鍼灸は痛くもなく熱くもなく、心地よいものです。お子様からお年寄りまで多くの方にご利用いただいています。鍼灸についてご不明点、ご相談はお問い合わせ下さい。

●北見老人ホーム

http://www.k-megumikai.or.jp/newpage3.html

市民と共に創るホスピスケア会

当hpのリンク先URLが誤っていました。ここで訂正させていただきます。又、左記リンクもご利用下さい。

市民と共に創るホスピスケアの会

http://homepage3.nifty.com/shimin-hospice/